2020/08/10

美味しい魚

本日は岐阜・多治見で38.6℃と今年の最高気温を更新したみたいですね(;^_^A)

 

私は最近、無性に美味しい刺身が食べたいと常に思っています^^;

 

もともと私の前職は魚屋で働いていまして、ちょっとだけ魚の知識はあります!

 

そこでスーパーで美味しい(鮮度の良い)魚の見分け方をご紹介致します(参考にならなかったらすみません(__))

 

みなさん養殖魚って知っていますか?基本的には真鯛、平目、しまあじ、ぶり、かんぱち、あと有名な所で

近畿大学が養殖施設で人工孵化した完全養殖を成功させた本マグロの養殖「近大マグロ」なんかがあります。

 

他にも真あじ、車えび、めばる、すずきなんかも養殖されています。スーパーでよくみかけるのは、真鯛や

ぶり、かんぱち、平目だと思います。

 

なぜ養殖魚をあげたかといいますと、基本的に魚は日本全国で獲れたのをトラックや空輸便などを使い、市場に運ばれてくるので、今日獲れた魚がその日のうちに市場には届きません(産地直送や近場の漁場なら届きます)

 

それで養殖魚は(私の知っている市場では)活きたまま生け簀で泳がせてあり、前日の注文に応じて当日の朝に〆て出荷します。なので鮮度がいいのです(^^♪

 

丸魚のままの状態で見極めるには魚の背中の部分をかるく押すと鮮度がいいならぶにょんとした感触がします。時間が経っていると身がしまった感触です。(私が市場で買うときはそうしてました^^;)

あとよく言われるのは

目・目のハリ具合が良い物は〇くすんでいる物は✖

体の色・綺麗な色は〇くすんでいるものは✖

エラ・綺麗な赤色の物は〇茶色いものは✖

腹・硬い物は〇柔らかいものは✖

匂い・鮮度がいいと匂いも少ない。鮮度が悪いと魚の匂いが強くなる。

みたいな感じです。(すみません、よくわからないですよね(;^_^A))

 

昔スーパーで働いていた時に鮮度の追求をしようとして、通路にでっかい対面販売用のケース?(畳三畳分くらい)に海水を入れてポンプを入れて真あじや平目や真鯛などを泳がせて、買われたお客様にはその場で刺身にするというのをやりましたが、魚が暴れて通路はびしゃびしゃ、お客様にもかかり、間もなく中止になりました(´;ω;`)ウッ…)

 

という事で持論ですが、鮮度のいい魚を扱っているいい魚屋の見極め方はそこの担当者がどれだけ魚の事が大好きか?(結局なんじゃそりゃ(-_-;))だとおもいます。

例えばですが色の変色した大トロ(大トロは特に変色が早いです)が売場で半額シールを貼って置いてあるとします。凄く私の偏見かも知れませんが、その商品1個が売場に並んでいるだけで他の商品も悪く見えてしまいます。

 

多分ですが、魚の事が大好きな担当者は撤去すると思います。いくら安くなっていようが見た目のよくない物、美味しくない物はお客様に販売してはいけないと思っているのです。それが魚屋愛なのです(笑)

 

ですので色々な店舗さんの売場をみるとここの店は魚屋愛が凄い!最高だ!などと心の中で呟いています(^▽^;)

 

みなさん、スーパーにいったら、ぜひそこの担当者さんとお話ししてみてください。そんな魚屋さんは魚愛が凄いので、色々と教えてくれますよ(^▽^)/

 

そんな私は今めんくれる愛が凄いです!お待ちしております<(_ _)>

 

 

 

 

スタッフブログ

2020/12/01

師走

2020/11/30

食事券

2020/11/28

万引き(※してません)

2020/11/27

寒い時期

2020/11/26

味噌ラーメン